インプラント治療

第三の歯とも言われるインプラント。メリットとしては両隣の健康な歯を削らずに治療ができます。入れ歯とは違い、しっかりと噛めます。

たかす歯科クリニックインプラント

構造


 

インプラント体・アバットメント・上部構造に分かれます



インプラントとは?


インプラント 人工歯根のことです。歯を失ってしまった所に人工の歯根を埋入します。

 

インプラントの歴史 紀元三世紀頃のローマ時代の鉄製のインプラントが発見されています。紀元七世紀頃のマヤ文明の遺跡からは下顎骨に貝で出来たインプラントが発見されています。現在のような形になったのは1910年代から。ただその当時は予後が悪く実用的ではありませんでした。1952年にブローネマルク教授の研究によりインプラントは飛躍的に進歩し、1962年から本格的にインプラント治療が始まりました。現在もインプラントの研究は進められています。

 

インプラントの材料 生体親和性に優れ、骨との

結合が良いチタンが使われています。また、最近のインプラントにはチタン-ジルコニウム配合金属が使用されているインプラントが主流になりつつあります。

 

インプラントの構造 インプラント体、アバットメント(ソリッドヘッド)上部構造とで出来ています。(上のイラスト参照)


メリット

  • 残っている歯に負担をかけない
  • 骨に埋まっているのでしっかりと咬める
  • 総入れ歯でもしっかりと固定出来る

 

デメリット

  • 手術が必要
  • 保険適応外
  • 条件によってインプラントが出来ない場合もある合


インプラントを利用した義歯


たかす歯科クリニック 義歯

義歯が安定しないと痛みやぐらつきが生じて

噛むことも困難になります。インプラントを数本埋入して、マグネットを使うことにより快適な食事が可能になります。



たかす歯科クリニックインプラント
    歯が無い状態

歯が無い状態です

 

たかす歯科クリニックインプラント
  インプラント埋入

インプラントを埋入します

たかす歯科クリニックインプラント
 ヒーリングキャップ装着

ヒーリングキャップを装着し歯ぐきを縫い合わせます

これで2次オペをしないで

次の治療に進めます

たかす歯科クリニックインプラント
   アバットメント装着

上部補綴のためのアバットメントを装着します

たかす歯科クリニックインプラント
    上部補綴装着

上部補綴を装着

たかす歯科クリニックインプラント
     レントゲン

歯が無い状態のレントゲン

 

たかす歯科クリニックインプラント
    レントゲン・埋入

埋入後のレントゲン

たかす歯科クリニックインプラント
 レントゲン・アバットメント

アバットメント装着のレントゲン



2次オペ式のインプラント手術


たかす歯科クリニックインプラント
      ドリリング

インプラント体を埋めるためドリリングをします

               ↓

たかす歯科クリニックインプラント
       縫合

患者さまの状態によってイラストの様に歯ぐきを縫い合わせて完全に埋めてしまう手術法です

               ↓

たかす歯科クリニックインプラント
      2次オペ

2次オペです。患者さまの状態によって行います。歯ぐきを開きアバットメントを装着します

               ↗

たかす歯科クリニックインプラント
       縫合

2次オペの続きです。歯ぐきを縫い合わせます

               ↓

たかす歯科クリニックインプラント
      上部補綴

上部補綴を装着します

               ↓

たかす歯科クリニックインプラント
       終了

終了。咬み合わせを調整