小児歯科


乳歯の役割


たかす歯科クリニック乳歯

乳歯はいずれ生え変わるら・・

と乳歯の虫歯を放置すると永久歯に悪影響を及ぼす場合もあります。


小さいころ、虫歯の治療で歯医者が嫌いになった経験はございませんか?

 

痛くなってからの治療は痛みを止めるために麻酔をしたりします。

小さなお子さんにとって、麻酔の注射はとても怖いもの。

 

歯医者は怖いところではなく、大切な歯を守るところ。

 

検診や歯ブラシの練習、そんな気軽な感じで小さなお子様にも来院していただければと思います。


歯が抜けたら


たかす歯科クリニック乳歯

小さいお子さんは思わぬことで顔をぶつけたりして、歯が抜けてしまうことがあります。


お家の中でも、外でも小さい

お子様には危険がいっぱい思わぬケガで前歯が折れたり、ぐらぐらしたり。

 

そんな時は慌てずにまずはお子様のケガの状態を確認してください。

 

出血がある場合は清潔なガーゼなどで抑えると止血効果があります。

 

万が一、歯が抜けてしまった

場合は、水道水で軽く洗いガーゼなどで歯を包み、出来ればお口の中に入れて歯科医院へ。

 

お口の中が難しい場合は密閉できる容器などに牛乳を入れ、その中に入れてお持ちください。


歯並び


たかす歯科クリニック乳歯

早めの矯正治療

 

 


定期的にお口の中を診ていくことで将来の歯並びのために出来ることが増えてきます。

 

顎の骨の成長を見ながら矯正を進めることによって、永久歯を抜かずにすむ可能性が高くなります。

 

反対咬合なども顎の成長に合わせて治療が可能になります。

 

早期発見・早期治療でお子様への負担も少なくすることが出来ます。